ハワイ・ホノルル国際空港からワイキキまでの安い行き方

当ページのリンクには広告が含まれています。

Aloha~♡
ハワイ在住の森ユマです。

「ホノルル国際空港からワイキキまで、結局どうやって行くのが一番安いの?」

そんなお悩みを解決するために、この記事ではそれぞれの移動方法を比較してご紹介しています。
ハワイ在住のわたしのオススメもご紹介しているので、お困りのかたはぜひ参考にしてください♪

この記事を書いた人
  • ハワイ在住2年目のアラサーガール
  • ブログ、インスタグラムでリアルなハワイ情報を発信中
  • 30歳でハワイ移住(J1ビザ)、ロコの夫と国際結婚
    現在はオアフ島に住んでいます
森ユマです♡

\ インスタグラムもフォローしてね! /

目次

ホノルル国際空港からワイキキまでの行き方


ホノルル国際空港からワイキキまで移動する方法は、いくつかあります。

ただそれぞれ料金や時間、メリットなどが違うのでまとめてみました。


ワイキキまでの移動って、ハワイに到着してから最初の難関なんですよね。笑

「こんな人は、この移動方法がおすすめ!」という風に、今からご紹介していきます♪

ハワイ旅行をスムーズに楽しめるように、一緒に見ていきましょう!

森ユマ

難しいことは何もないんだけど、海外だと移動するだけでも緊張しちゃうよね。

シャトルバス

  • 料金 20~25ドル
  • 時間 40~50分


シャトルバスは、ハワイ初心者におすすめの移動方法です。

もし私の家族がハワイに来るなら、シャトルバスをおすすめします。

シャトルバスの良いところ
シャトルバスの残念なところ
  • 乗るまでが簡単で分かりやすい
  • 安い
  • 日本語OK
  • 車内に他の日本人もいるから安心
  • 色んなホテルを回るから時間がかかる


なんといってもシャトルバスの良いところは、「乗るまでが簡単で分かりやすい」というところ。

「Uberのアプリの使い方がよく分からない」
「ハワイに着いてから、どうやってタクシーに電話すればいいの?」


シャトルバスなら、こんなことは心配する必要なし!

日本から事前に予約していったら、あとはホノルル国際空港で看板を持ってる人を見つけるだけ。
私のお母さんも、これならできるでしょう♪


ただ、シャトルバスはワイキキの主要なホテルを回って順番に乗客を降ろしてくいので、泊まるホテルの場所によっては時間がかかるかもしれません。

シャトルバスで移動するなら、到着後すぐの予定は入れない方がベターです。

森ユマ

私も前にハワイ旅行に来たときは、一番最後のホテルで40分くらいかかったかな。



シャトルバスの会社はいくつかあるのですが、おすすめはHISです。
日本の大手会社なので信頼感が違いますよね。

事前に空港からの送迎を予約して、ハワイに到着してからはスムーズに移動しましょう。

\ 日本語対応OKで安心! /

ライドシェア(Uber、Lyft)

  • 料金 35ドル
  • 時間 20分


普段からUberを使ってる、複数人でハワイ旅行へ行く、という方におすすめなのはライドシェアです。

特に若い世代の人は慣れているので、空港からワイキキまでライドシェアで移動している方も多いですね。

ライドシェアの良いところ
ライドシェアの残念なところ
  • 複数人で割り勘をすればシャトルバスより安い
  • アプリで操作が完結するから、英語が話せなくても大丈夫
  • 目的地へ直行してくれる
  • アプリの操作が必要
  • チャイルドシートは基本ない
  • ホノルル空港の乗り場が分かりづらい
  • ハワイでのネット環境が必要


ちなみに、Lyfit(リフト)は日本では聞き馴染みがないかもしれません。
アメリカで使われている、Uberとほぼ同じサービスです。

料金はあんまり変わらないので、普段からUberを使い慣れているならUberの方がいいでしょう!


またハワイでは、10歳以下の子どもはチャイルドシートの直用が義務付けられています。

ライドシェアには基本的にはチャイルドシートは用意されていないので、お子様連れには不向きかも。

森ユマ

シャトルバスやタクシーなら、予約時に伝えておけば用意してくれるよ。


2~3人で移動するなら、みんなで料金を割ってシャトルバスより安いのがポイント!

アプリの操作に抵抗がない方は、一番お得で時間が早いのがライドシェアです♪

ライドシェアの場合、チップは任意です。渡さなくても大丈夫ですし、荷物の出し入れや寄り道など親切にしてくれたときは2ドルほど渡すとグッド。

タクシー

  • 料金 35~40ドル
  • 時間 20分


料金は高くても、送迎のプロにお任せしたい!という方にはおすすめのタクシー。

タクシーの良いところ
タクシーの残念なところ
  • 送迎のプロだから安心
  • 目的地まで直行してくれる
  • 高い
  • 空港に着いてから電話をしないといけない


特にチャーリーズタクシーは、予約も公式ホームページから日本語でできるし、電話窓口も日本語OKなので日本人に人気です。

ホノルル国際空港→ワイキキは、定額で33ドル。
ここに消費税やチップが追加されるので、約40ドルで送迎してくれます。


ただし、空港に着いてから電話を入れると、配車をしてくれる流れになります。
電話できるネット環境が必要になるので、ご留意ください!

森ユマ

スーツケース1個、手荷物1個を運んでくれるよ♪

レンタカー

  • 料金 100ドル
  • 時間 20分


ハワイ滞在中にレンタカーを使うことが決まってるなら、空港から乗っていくのが便利です。

レンタカーの良いところ
レンタカーの残念なところ
  • 自由度が高い
  • 料金が高い


お子様連れや、「買い物してからホテルに行こう!」なんて自由に動きたい方には、レンタカーがぴったり。

コロナ後はハワイに観光客が戻り、レンタカーの予約も困難になっています。
予定が決まったら、なるべく早めに予約を取るようにしましょう♪

\ 自由度抜群のレンタカーはハワイ旅行にぴったり! /



こちらの3点にはお気を付けくださいね。

  • 駐車場代も別途かかる
  • 盗難に遭わないように、車内には荷物を置いていかない
  • 日本の免許証でもハワイで運転はできるけど、国際免許証があった方がベター
森ユマ

交通ルールも日本とは違うから、注意してね。

ザ・バス

  • 料金 3ドル
  • 時間 70分


圧倒的に安いのが、ザ・バスです。
こんなに安いのに最後に紹介するのには、ある理由が・・・

ザ・バスの良いところ
ザ・バスの残念なところ
  • とにかく安い
  • 大きな荷物を持ち込めない
  • 時間がかかる


実はこのザ・バス、大きな荷物を持って乗車することが禁じられています。

ホノルル空港に到着したばかりだとスーツケースを持っている方が大半だと思いますが、それを持ち込めないのは致命的なんですよね。

ちなみに膝の上や椅子の下に置ける大きさならOKです。
ルールでは55cm×42.5cm×22.5cmと言われています。


荷物がとても少ない、時間がかかっても費用を抑えたい、そんな方はザ・バスでも大丈夫!

森ユマ

実際に荷物が大きいからという理由で、乗車拒否されている方を何人も見てきました・・・


ザ・バスに乗るときは、簡単に作れて料金がお買い得になるホロカードを作るといいですよ。

まとめ

以上、ホノルル空港からワイキキまでの移動方法についてご紹介しました。

日本のように便利な電車がないので、ハワイ旅行が決まったらどうやって移動するのか、さくっと決めちゃいましょう♡

ハワイはカード社会なので、クレジットカードも忘れずにご用意くださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次