ハワイのABCストアのコーヒーの値段は?購入方法もくわしく解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

※この記事は、2024年2月28日に情報を更新しました。

Aloha~♡
ハワイ在住の森ユマです。

このページでは、ハワイのABCストアでコーヒーを買う方法をご紹介しています!

物価の高いハワイでは、コーヒー1杯でも1000円以上してしまうことがほとんど。
しかしABCストアなら、お手頃価格でコーヒーをゲットすることができます。

コーヒー片手にビーチをお散歩なんて、いかがでしょうか♪

この記事を書いた人
  • ハワイ在住2年目のアラサーガール
  • ブログ、インスタグラムでリアルなハワイ情報を発信中
  • 30歳でハワイ移住(J1ビザ)、ロコの夫と国際結婚
    現在はオアフ島に住んでいます
森ユマです♡
目次

ハワイのABCストアのコーヒーの値段


2024年2月現在、ABCストアのコーヒーのお値段はこちらです。


2023年まではこちらの値段だったのですが、それぞれ40セントずつ値上げされています。

・12オンス(354ml)= 1.19ドル

・16オンス(473ml)= 1.39ドル

・20オンス(591ml)= 1.59ドル

森ユマ

ハワイの物価上昇が止まりません。誰か助けて・・・

ハワイのABCストアでコーヒーを買う方法


①まずは近くのABCストアに行きましょう。


ワイキキやアラモアナはたくさんの店舗がありますが、
小さなABCストアでもコーヒーは置いてあるのでご安心ください。


②コーヒーが置いてある場所を見つけましょう。


ABCストアでは、自分でコーヒーを入れてレジに持って行くスタイルになります。
ちょうどお姉さんがコーヒーを入れているところでした。


こんな感じで置いてあります。

店舗によって置いてある数が違ったりするのですが、ここでは「SIGNATURE BLEND(MIDIUM DARK)」「MOANA DARK(DARK)」がありました。

真ん中には「MACADAMIA BLEND(MEDIUM DARKがあったのですが、補充中とのことでした。

ABCストアで買えるのはホットコーヒーのみです。

南国のハワイなのに、なぜアイスコーヒーを売らないのかは謎です・・・

③カップを選びましょう。


サイズは3つあります。

一番小さなサイズでも、ファミマのMサイズ(300ml)より量があります。
私はいつも12オンスを買っていますが、大満足できる量ですよ♪

④コーヒーを注ぎましょう。


お好きなコーヒーをカップに注ぎましょう。

蓋の上を押せばコーヒーが出るようになっています。
カップに収まるなら量ならいくらでも大丈夫です。

私はこれでもか!というくらいにギリギリまでいつも入れていますよ。

レジで中身をチェックされることもありません。



⑤レジに持って行きましょう。砂糖とクリームはレジでもらいます。


脇に置いてある蓋をしたら、レジに持って行きます。
店員さんがカップのサイズを見て、お会計をしてくれます。


ここで店員さんが「砂糖かクリームはいる?」と聞いてくれるので、必要ならもらいましょう。
とてもシンプルにこんな英語で聞いてくれます。

Do you like some sugar or cream?

いらないなら、No thank you.
必要なら、Sugar/Cream please.と返事をしましょう。

ちなみにクリームは「普通のクリーム」or「バニラクリーム」、
砂糖は「普通の砂糖」or「ゼロカロリー砂糖」があります。

私はバニラクリーム2個とゼロカロリー砂糖の組み合わせが好きです。
結構甘めで美味しい♪


レジ裏に置いてあるので、すぐに取ってくれますよ♪



⑥お会計

あとはクレジットカードなり現金なりお好きな方法で、お会計を済ませてください。
これで終わりです。

一杯無料!お得なコーヒーカード

ABCストアにはコーヒーカードというものがあり、なんとどのサイズのコーヒーでも8杯飲むと、16オンスのコーヒーが1杯無料でもらえます。

レジで「Coffee card, please.」と言ってゲットしましょう。
店員さんからは聞いてくれません・・・

1杯買うごとにハートの穴を空けてくれるので、毎回レジで提示するのを忘れないように!



裏に欄がありますが、サインはしなくても大丈夫です♪

そしてなんとこちらのカード、期限はありません。
途中までスタンプが溜まったカードが手元にあったら、次回のハワイ旅行で忘れないようにしてください。

森ユマ

私ものんびり集めてたら、いつの間にか溜まってるよ♡

ABCストアでコーヒーを買うメリット4つ


ハワイにはたくさんのカフェがありますが、ABCストアのコーヒーならではの良さを4つ解説します。

お手頃価格

どのサイズを買っても、2ドル以下です。
物価の高いハワイでは非常にお手頃な価格ですね。

ちなみにスタバのホットコーヒーは約5ドル~です。

森ユマ

ひえ~2倍以上もするんだ!大変だ!

どこでも買える

ハワイを歩いていれば、何度も見かけるABCストア。
コーヒーが欲しい時に、さっと買うことができます。

森ユマ

嫌でも目に入ってくるくらいたくさんあるからね。便利!

わざわざ遠いところまで買いに行く必要はありません。

英語が話せなくても買いやすい

ABCストアでコーヒーを買うときに話すのは、「砂糖かクリームいる?」だけ!
英語が苦手でも、ほぼしゃべらずにコーヒーを買うことができます。

スタバだったら、こんな風にたくさん英語を話さないとコーヒーをゲットすることができません。

  • どのコーヒー?
  • サイズは?
  • 砂糖やミルクは?
  • 持ち帰り?
森ユマ

楽だし、もちろんチップも不要だよ!

並ばない

アメリカの人はコーヒーが大好きなので、カフェはいつもお客さんでいっぱいです。

でもABCストアで買えば、コーヒーのために並ぶ必要はありません!
そもそもABCストアでコーヒーが買えることを観光客はあまり知らないので、混雑しないんです。

あなただけの穴場ですよ☆

ABCストアでコーヒーを買うデメリット2つ


あえてデメリットを挙げるとしたら、この2点になります。

スタバほどオシャレではない

スタバを持って歩いている人って、やっぱりオシャレですよね。
ABCストアのコーヒーは、正直そこまでオシャレではありません。

至ってシンプルなデザインです。
ダサくはないですが、目を惹くものもありません。

SNSにオシャレな写真を載せたいなら、スタバへ行きましょう!

可愛い写真が撮れる♪
オシャレなスタバのハワイコレクションはこちらです!

味はまあまあ

お手頃価格なABCストアのコーヒーですが、味はそこそこです。

味は薄めで、深みがないです。
こだわりがある人は、値段は上がりますが他のカフェでコーヒーを買うのをオススメします

まとめ


ハワイのABCストアで、安く手軽にコーヒーを買う方法をご紹介しました♪
ぜひ買ってみてください☆

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次